管理も必要です

terea
街中を歩いていると、空き地などに車が放置されていたりする光景をよく見かけます。
その車にはナンバープレートが付いていたり、付いていなかったりとさまざまです。
しかしナンバープレートが付いている車は、当然所有者がいます。
またそのようなナンバープレートが付いている車のなかには、車検切れのものも多いと思います。
車検が切れていると、当然運転はできません。
また車検を受けるために、自動車整備工場などに運ぶこともできません。
それゆえそういう事態に陥らないようにするためにも、ドライバーは日頃からよく注意をしておいてください。

支障が出てくる場合があります

車検切れで長い間放置されている車をよく見かけますが、そういう車は注意してください。
長い間空き地や駐車場などで放置し車検が切れている場合、エンジンがかからない可能性があります。
車も立派な消耗品です。ですので、長い間放置するとさまざまな部分に支障が出てきます。
エンジン以外にもタイヤやワイパーなど、多くの部分が消耗してしまいます。
車検切れの車を動かす時は、まずエンジンがかかるかどうかをよく確認してください。
そしてエンジンがかからない場合は、自動車修理業者と言った専門の機関に相談してみてください。
エンジンがかからない大きな原因は、バッテリー上がりが考えられます。
またその他の原因としては、電気系統やキャブレター関係の故障などもあります。
自分では修理できない場合が多いので、一度専門の方に見てもらってください。

管理も大切です

このように車検切れの車を長い間放置していると、車自体にも影響が出てくる場合があります。
それゆえ車検切れの車がある場合、定期的にエンジンをかけるなどしておく必要があります。
車を維持していくうえで、大きな出費となるのが車検です。
車検は新車であれば3年に1度、その他の場合は2年に1度受ける必要があります。
車を購入すると、ドライバーは定期的に車検を受けなければ運転できません。
もし車検を受けずに運転すると、道路運送車両法によって処分されることになります。
道路運送車両法には、この車検の規定がありますので一度見ておくのもいいと思います。
そうすることで、車検についての意識も高まってきます。
車を運転する時は、いつも道路交通法や道路運送車両法のことを忘れないでください、
それにより、車検切れも回避できます。

生活態様にも原因があります

仕事で忙しかったり、また逆にあまり車に乗る頻度が少なかったりすると、つい車検のことを忘れる場合があります。
そういうケースでは知らない間に、その車検切れの車を運転しまうこともあります。
車検切れの車を運転すると法律違反になり、処分を受けます。
それゆえどのような状況下でも、車検を忘れることがないようにしておいてください。

早急に対応する必要があります

車が車検切れになると、早急に対処する必要があります。
対処の仕方は何通りかあります。
車の年式も古く、そろそろ買い替えを考えていたのであれば、車検切れを機に廃車をしてもいいと思います。
この場合、手続きはディーラーのほうで全てやってくれますので、任せておいても大丈夫です。
また今後もその車を運転する予定であれば、早急に車検を受ける必要があります。
この場合も専門の業者に依頼すれば、車の移動から手続きまで全て行ってくれますので安心できます。

普段から注意しておいてください

一度車検切れになると、そのあとの対処が結構大変です。
それゆえ車検切れ費用にならないように、普段から十分注意しておいてください。

更新情報

△PAGE TOP